音楽情報Webマガジン「M3!」│ライブ・アーティスト情報満載

特集

SPECIAL TOPIC

2020.01.29

ブラックミュージックをルーツに独自の世界観を創り出す二人の実力派シンガー、藤岡友香とKOTETSUがお送りする一夜限定のスペシャルコラボレーションライブ! 3/25@渋谷JZ Brat

ブラックミュージックをルーツに独自の世界観を創り出す二人の実力派シンガー、藤岡友香とKOTETSUがお送りする一夜限定のスペシャルコラボレーションライブ!

オリジナルから名曲のカバーまで、ソウルフル且つ切ない二人の歌声が奏でる珠玉のハーモニーに酔いしれるひとときを味わうまたとないライブが3月25日(水)、渋谷JZ Brat SOUND OF TOKYOで行われる。

 

 

◆ 2020年3月25日(水) 

 Feel the Vibes  〜TOMOKA × KOTETSU〜

【ジャンル】Pops, R&B

【会場】JZ Brat SOUND OF TOKYO
     (〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2階)

【時間】17:30 OPEN  19:30 START   (入替なし)
【料金】前売り ¥4,000  /  当日 ¥4,500

※小学生以上は一般料金となります。
※3歳以下の未就学児童の入場はお断りします。
※お一人様一品以上のご注文をお願い致します。

※チャージに飲食代は含まれておりません。

【出演】藤岡友香(Vo), KOTETSU(Vo), 竹田麻里絵(Key), 福家巌(Gt), 酒井太(Bs), 山下あすか(Per)

【ご予約】http://www.jzbrat.com/liveinfo/2020/03/#20200325

☎03-5728-0168 (受付時間 平日15:00~21:00)

 

 

 

藤岡友香(Tomoka Fujioka)
香川県三豊市出身のシンガー。

ホイットニーヒューストンなど海外のR&B・Soulシンガーに影響を受け、小学校4年生で歌手になることを決意し、高校を卒業と同時に渡米。

​メリーランド州立大学音楽学部にて声楽を専攻し卒業。

帰国後の2009年、日本テレビ系オーディション番組「歌スタ!!」で2000人の中から選ばれ、
優勝を機に本格的に日本国内での音楽活動を開始し、現在に至る。


<これまでの主な実績>

​● 約100万人が来場した「瀬戸内国際芸術祭MUSIC BLUE」のテーマソング「Song in blue」歌唱 (ギタリスト小倉博和作詞・作曲)

​​● 元カシオペアの向谷実のニコニコ生レコーディング配信に参加し、
自身作詞・作曲の「girl」が収録されたアルバムがiTunes StoreでJ-POP部門1位、総合チャートで2位を記録
​​
● ニッポン放送「ショウアップナイター」50周年ジングル歌唱

● ビクターエンタテインメントからリリースされた泣ける歌15曲を集めたコンピレーションCD
『涙活コンピ~世代を超える泣き歌集~』に東日本大震災の復興支援ソングとして自身作詞・作曲の
「Don’t Give Up! 〜命がある限り〜 2013年ver.」が収録

●「神宮外苑花火大会」の公式テーマソングにオリジナルソング「Don’t give up!〜命がある限り〜」が起用され、
神宮球場でのライブに3度出演を果たす (2012年・2013年・2016年)

●「屋島山上の天空ミュージック」でドラマーの林立夫さんとギタリストの小倉博和さんによる新しいユニット
「Quarter Deck」にfeaturing参加

● サウンドプロデューサー松浦晃久によるプロデュースアルバム「This is not a Love Song」をリリース (2015年12月23日)

● 香川県のJリーグサッカーチーム「カマタマーレ讃岐」の公認応援ソング(作詞・作曲・歌唱)を担当(2016年〜)

● FM香川にてレギュラー番組「藤岡友香の元気はキから!」を担当。(2016年〜 毎週土曜日 20:25~)。
(過去のゲスト:八代亜紀、沢田知可子、スターダスト☆レビュー、黒沢薫(ゴスペラーズ)、佐藤竹善、平井大、
175R SHOGO、コトリンゴ、MINMI、ハジ→、MOROHA、Fire Ball(Chozen Leeさん・Super Crissさん) 等

● テレビ東京『THE カラオケ★バトル ルーキーズカップ』に出演 (2018年)

● 現在、日本武道館ライブを目指してライブイベント”DREAMER”を開催中 (2015年〜)​

 

WEB

https://www.tomokafujioka.com

 

 

 

 

Kenya “KOTETSU” Shirani
​白仁 “虎徹” 賢哉
(Vocalist/Songwriter/Arrangement/Multi instrumentalists)

JazzやR&B、Bluesへの深いリスペクトと国境を超えた新しい世代の音楽を感じさせるアーティスト。彼のスタイルを象徴する、その洗練されたスキャトテクニックやフレージングは日本のみならず、世界を感動させる。

洗足学園音楽大学ジャズコース、米国Berklee College of Musicを卒業後、”KOTETSU”名義で首都圏を中心にでプロミュージシャンとして活動を開始。ブラックミュージック全般に精通したその歌声は各方面に評価され、映画音楽では2011年、俳優の織田裕二氏主演映画”アンダルシア”、2013年、福山雅治氏主演映画”ガリレオ ~真夏の方程式~”の劇中歌にその歌声が採用される他、ジャズピアニスト、クリヤマコト氏が主催したアドリブコンテスト2011に於いて、その卓越したスキャトのテクニックが絶賛され東京部門で優勝。SUPPORTED BY THELONIOUS MONK INSTITUTE OF JAZZOSAKA ASIAN DREAMS JAZZ COMPETITION2013でも、3位入賞など複数のコンペティションでの受賞暦を持つ。

コーラステクニックにも定評があり、男声ジャズアカペラユニット”鱧人-HamojiN-”のメンバーとしても活躍する傍、テレビ収録やライブ、レコーディングに於いてメジャーアーティストのバックコーラスも数多く経験するなど、スタジオミュージシャンとしても積極的に活動中。数々のCM音楽にその歌声を聴く事ができる他、トロンボーン奏者としても多数の作品やライブに参加している実績は、彼の特筆すべき多才さを物語っている。

​作曲家として自身のオリジナル楽曲を発表する場を求め、2017年より福家 巌(gt.)とのDuoユニット”KOKE”、2019年より、自身のソロ・プロジェクトを”KOTETSU & THE PIGEONZ”と銘打ち、積極的な演奏活動を展開中。

多岐にわたる演奏活動の傍ら、近年は後進の指導にも力を注いでおり、母校でもある洗足学園音楽大学にて教鞭を執る。

​​生年月日:1985年10月18日

出身地:佐賀県佐賀市

​これまでに、ボーカルを
西田麻美、Dana Hanchard、ギラ ジルカ、Jerome Kyles、Jeff Ramsey、Gabrielle Goodman
各氏に師事。​

海外参加公演:
・仁川 Jazz Festival”に出演(韓国 2013年)
・”Tokyo Jazz Fest London 2014”(イギリス 2014年)
・ポーランドと日本の交流ラジオ番組、ライブに出演(ポーランド 2015年)
・鱧人-HamojiN-”International A capplla Festival”にゲストアーティストとして招聘(香港 2016年)
・鱧人-HamojiN-韓国ツアー(韓国2018年)

ライブやレコーディング、テレビ収録等でサポートしたメジャーアーティスト:
マリーン、TOKU、リュ・シウォン、槙原敬之、コヌ(MYNAME)、MYNAME, Alexandros、
矢沢永吉、木梨憲武、etc…(敬称略)

WEB: 

https://www.kotetsujazz.com/biography