音楽情報Webマガジン「M3!」│ライブ・アーティスト情報満載

特集

SPECIAL TOPIC

2018.11.05

音楽家便利帳 シンガー必見!! 【 声をケアする 】

アーティスト必見のお役立ち情報を紹介する「音楽家便利帳」

 

「声をケアする」

 

こんにちは、M3!アーティスト・コーディネーターYOKOです。今回は、シンガー必見の「声のケア」をご紹介!

 

 

季節の変わり目で声の調子の悪い人が周りにもいっぱい!シンガーである私自身、最近声帯炎で回復するまで3週間かかってしまいました。。そういう痛い経験もあり、プロの現場で活躍するシンガー達にケア方法を聞きまくったのですが、そこで教えてもらったケア方を紹介しましょう。科学的な真偽は不明ですが、現場の実感としての情報です。

 

 

日頃のケア

 

イギリス式 シンガーズ・ドリンク ”ハニー・ジンジャー・レモン・ティー”

ロンドンのレコーディング・スタジオで長年仕事をしていたエンジニアから直接聞いた、イギリス人シンガーの定番ドリンク。スタジオではみんなこれを飲んでるそう。
Led Zeppelinのロバート・プラントもこれを飲みながらレコーディングしてたそうな。風邪のひき始めや、喉に炎症感のある時にも、すっと納めてくれます。

 

作り方
レモンスライス 2枚、生しょうがのスライス3枚、たっぷりのはちみつに熱いお湯を入れる。

 

 

 

 

アメリカ式 声楽家お勧めのレッスン後ドリンク “100%パイナップルジュース”

アメリカの​メリーランド州立大学音楽学部で声楽を学んだ、シンガーソングライター藤岡友香さん
からのケア法です。大学の声楽レッスンの後は、先生を始め、生徒も全員、100%パイナップルジュースを飲んでいたそうです。
歌う、という行為は、その度に声帯を多少傷つけます。それをパイナップルの酵素が修復するのだそうです。ちなみに果汁100%でないとだめだそう。

 

シンガーソングライター 藤岡友香さん

 

 

本番前の食事は唐揚げ!

同じくM3!アーティスト・コーディネーターのシンガーソングライター、渡瀬あつ子のお勧め。
とにかく本番前はアブラ!!
唐揚げなどの油っぽいもので、喉をツルッとさせると、声がよく出るそうです。
オリーブオイルを小さじ一杯飲むシンガーも多いそうですよ。

 

[三軒茶屋 GRAPEFRUIT MOON]のお勧めメニューの唐揚げ ”チキンウイング”

 

 

シンガーたるもの吸入器は持っとくべし!

乾燥は大敵。喉の調子が悪い時は、迷わず吸入をしましょう。私が声帯炎で通った山王病院ボイスセンターの医師も「シンガーなら吸入器は持っときなさい。それも絶対超音波式!! 」とアドバイスをいただきました。

 

私のお勧めはこちらの超音波ネブライザー。デカい据え置きのタイプは使うのが面倒になり、しまったままになりがち。この携帯型のは少しチャチな作りなのですが、テレビを見ながら使うとか、持ち運びもでき本番前にも吸入できるので大変便利です。私はお湯100ccに塩0.9gの生理食塩水を作って(注:塩水でないとむせます)吸入してます。Amazonで¥5000ほどで売ってます。同じ見た目でメーカー違いが何種類もありますが、OME製品でモノは同じかと思います。

 

 

大きさは猫との比較でこれくらい。笑 本当に小さいです。

 

 

洗面器吸入

貧乏MAX!! 吸入器も買えないよ・・てなシンガーはこれでも良し。洗面器に熱湯を張り、1%濃度くらいの塩を入れ、頭にバスタオルをかぶせて湯気を吸入。

咳がひどくて治らない時や、気管に炎症感がある時は、上の方法で塩のかわりにハッカ油を1~2滴。
ハッカ油吸入は以前、肺炎で入院した慶応病院で教えてもらった方法。ハッカ油を数滴垂らした熱いお湯にタオルを浸して、絞って胸に当てる温湿布もとても気持ち良いです。

 


ハッカ油。薬局で売っています。

 

 

声の調子がマジで悪い時・・・

町医者へ行くより直ちに声帯の専門医へGo!

声帯炎で回復に3週間かかった実感です。町医者で時間を潰さず、面倒でも声帯専門医へ。早ければ早いほど回復も早いです。「ボイス・クリニック」などで検索すると出てきます。

 

シンガーに特に評判の良い専門医(東京)

はぎの耳鼻咽喉科

(東京都町田市 玉川学園駅近く)

私がリサーチした中で特に尊敬するシンガーたち複数がイチオシしていたクリニック。

 

山王病院 国際医療福祉大学東京ボイスセンター

(東京港区)

ここは予約なしで駆け込めるのがとっても助かります!
明日ライブなのに全然声出ないよ!! どうしよう・・!!!って時にお勧め。

 

 

東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科

(東京都 品川駅近く)

こちらもなかなか評判が良いです。

 

声のクリニック 赤坂 こまざわ耳鼻咽喉科

(東京都港区 赤坂駅近く)

私は受診した事はないのですが、ここの院長さんがWEBに書いてる 「日本語の歌唱について」 は実感としてすごく納得できるので一度行ってみたいと思ったクリニックです。

 

シンガーの皆さん、これから寒い冬がやってきます。充分に気をつけて声をケアしてくださいね!!

 

 

筆者紹介

 

YOKO’ JK

京都生まれの大阪育ち。1988年に上京してからは、都内でライブを中心に活動。1991年にアメリカ人シンガー、ラニー・ラッカー氏とデュオのユニット[Koko&Ronnie]でデビュー。 デュオの解散後はエレクトリック・ミュージックのユニット[EUR]を結成し、アルファレコードのコンピレーション・アルバム等にに参加。以降は色々なアーティストとCDやライブでのコラボ活動や、セッションシンガーとして、CMや映像音楽、ゲーム音楽にも活動の幅を広げている。イギリス出身の音楽家、NICK JAMES氏と共にPrivate Studio SoundsVoodooを主宰、氏とのユニット「Venus Fly Catcher」のアーティスト活動や女性コーラスユニット「THE BELLS」のリーダーとしてもライブなどで多彩な活動を続けている。

WEB

https://yokojk.wixsite.com/yokojk

 

アプリ無料ダウンロード!

Apple、Apple ロゴは米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。